災害時の非常食は市役所から届くの?

『津波』海底で発生する地震、火山活動に伴い、海底地盤の隆起とか沈降などによって、その周辺の海水が上下に変動します。
津波、特に大津波とは、殆ど無縁の暮らしをしていた日本で起りました。
しかし、東日本大震災を体験して、日本人も自然災害に関する考え方が変わったのではないでしょうか。
また、変えなくてはならない時がきていますよね。
それは、日本でも、大津波はくると言うことです。
今までは、大津波と言うと、どこか遠くの国の話の話のような感じもします。
(汗)しかし、もう関係ないとは言えませんね。
津波に対する心構えをしっかり持っておくことが大切です。
そう言えます。
あと海に遊びに来ている時とか、海の近くにいる時に津波警報、注意報が発令されることもあります。
その時は、どんな行動をとれば良いかしっかり理解しておくことですね。
※海岸・河川敷周辺にいて、強い地震、長い時間(1分間以上)の揺れを感じた場合、直ぐに避難しましょう。
※テレビやラジオの情報をもとに、すぐ避難しましょう。
※「市役所職員」・「消防職員」・「警察官」からの指示、サイレン・広報車による避難勧告や指示があった場合は、すぐに避難しましょう。
※海岸・河川敷から離れましょう。
できるだけ山側へ避難しましょう。
または、より高い鉄骨および鉄筋コンクリートの堅牢な建物へ避難しましょう。
※津波は、繰り返し襲ってきます。
※正しい情報をラジオ・テレビ・広報車などを通じて情報を入手してください。
そのあとは冷静に行動しましょう。
非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】