青汁 成分で選ぶと?

青汁の成分で最も知られているのは、ケールではないでしょうか。
ケールと言われても、多くの人は八百屋やスーパーなどでは目にしないものだと思います。
ケールはアブラナ科の野菜で、見た目はほうれん草のようなものです。
多くの青汁商品には、このケールは多く使われています。
なぜならば、栄養成分が大変豊富に含まれているからです。
若返りホルモンと言われているメラトニンの栄養成分が含まれています。
その他には、ミネラルやビタミンB1、B2、Eなどたくさんのビタミンが含まれています。
肌荒れや美容の効果が高そうですよね。
その他には、血中コレステロールを低下させる効果があるので、高血圧の方にはおすすめです。
次の青汁の紹介する主原料とその成分は、大麦若葉です。
大麦若葉は野菜ではなく、大麦が育つ前の若葉を摘み取ったものです。
大麦若葉の成分は、食物繊維が豊富なことが特徴です。
その他には、カルシウム、鉄分、βカロテンなどのミネラル分が豊富に入っているため女性におすすめの成分となっています。
次の青汁の原料は明日葉です。
この明日葉には、カルコンやクマリンといった、一般的には聞くことはない成分が含まれています。
このカルコンやクマリンには薬効成分があり、抗菌作用やがん物質の抑制作用があるのではないかと言われています。
血液をサラサラにすることができる成分が入っていると言われているようです。
このように多くの野菜などが含まれているため、たくさんの種類を入れて、それぞれの成分をあわせてよりよい青汁を開発しているところがあるようです。